箱根病院 

病院名 独立行政法人 国立病院機構 箱根病院 神経筋・難病医療センター

所在地 〒250-0032 小田原市風祭412  TEL : 0465-22-3196/FAX : 0465-23-1167

診療科目 神経内科/内科/整形外科/泌尿器科/リハビリテーション科

病床数199床

http://hakonehosp.com/

 

神経内科

神経難病(筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、パーキンソン病及び関連疾患、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、ハンチントン病など)、筋疾患(筋ジストロフィー、筋炎など)、末梢神経疾患(ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性ニューロパチーなど)

 

内科

高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満等の生活習慣病、消化器・肝臓疾患、リウマチ・膠原病

 

整形外科(※整形外科は外来診療だけを行っています。)

脊椎疾患、変形性関節症、各種骨折

 

泌尿器科

前立腺肥大症、前立腺がん、神経因性膀胱、膀胱結石

 

当リハビリテーション科は平成26年4月より、リハビリ医師1名、理学療法士7名、作業療法士4名、言語聴覚士1名、受付事務1名の構成になります。

対象疾患は、筋萎縮性側索硬化症、筋ジストロフィー、パーキンソン病、脊髄小脳変性症などです。

院内での取り組みとして、リハビリテーション科が窓口となり、毎月、呼吸の勉強会を実施しています。

神経難病や筋ジストロフィーに対する呼吸ケアは長期療養継続とQOL向上に必要不可欠です。呼吸リハビリテーションだけでなく呼吸ケア全般を勉強する為に、外部講師を招き、専門家による系統的講義と実習を通じて技術の向上が図れる「呼吸ケア教室」を開催しています。全職員が参加出来る学習の場として、多職種連携で患者さんへの充実した呼吸療法、呼吸ケアの提供を目指して勉強しています。

また不定期ですが、お昼休みを利用して勉強会を行っています。昨年は「リハビリテーション・リスク管理」、今年度は「リハビリテーションに関係する薬の知識」です。毎年、年間テーマを決めてリハビリ科全員で講師をローテーションしながら勉強会を行っています。

写真手前が理学療法室、奥に続くのが作業療法室

 

【リハビリテーション科一同より】

病院名からは山深いところを想像されると思いますが、小田原市にある交通の便の良い場所です。現在、新病棟を建設中で平成26年5月の中旬に完成します。近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

箱根病院内で四季折々の風景を見ることができます。

春:敷地内にある散歩道にて、温かい日に照らされて野山に咲く桜。

夏:毎年の納涼祭にて、間近で見る綺麗な花火。

秋:紅葉の色づきと共に彩りを深める美しい自然。

冬:空の美しさと山の澄んだ空気を感じながら見る雪景色。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索