第10回 PT・OT新人研修会報告

<新人研修会に参加して>

千葉医療センター リハビリテーション科 

入職1年目 理学療法士 登阪智正

 

先日、427日(土曜日)に行われた第10回理学療法士・作業療法士新人研修会に参加して参りましたので感想を述べさせて頂きます。

 研修会では理学療法士・作業療法士協議会の説明と、国立精神・神経医療センターの大島真弓先生の特別講演がありました。

理学療法士、作業療法士が関東信越グループで行っている活動についての説明を受ける前までは協議会がどのような活動を行っているのかわかりませんでしたが、今回の説明を受けて様々な活動内容がある事を知り、また自分もその一員として活動していく自覚が芽生えました。

特別講演では、これからの自分について考えようというテーマでキャリアデザインについて講演していただきました。講演の中にはワールドカフェという、一つのテーマに対して自由に皆が発言する形式のグループワークがありました。異なる考えを持つ方々の意見を否定する事なく肯定的にとらえることで自分の考えを拡げる事の大切さを学びました。

その後に行われた懇親会では、普段関わることの少ない関東信越グループの他病院の先生方や同期の方々とコミュニケーションを図る事ができました。他病院や、同期の状況などを聞けたことはとても参考になりました。これらの交流で様々な先生方の考えを聞けた事は今後の自分の考えを拡げる事につながるのではないかと感じました。

今後も国立病院機構の研修会や様々な勉強会に参加していき、多くの考えに触れ、それらの考えを自分なりに解釈し、自分の成長のプラスにしていきたいです。

 入職して間もないですが、先輩方が丁寧に指導して下さり、大変勉強になり、非常に充実した毎日を送っています。今後も国立病院機構の一員として理学療法について学んでいきたいと思います。

 新人研修を企画して頂きました協議会の先生方、また研修会会場をご用意頂きました国立精神神経医療研究センターの皆様、本当にありがとうございました。

第10回 PT・OT新人研修会が開催されました

 平成27年4月25日(土曜日)に国立精神・神経医療研究センター病院にて、第10回理学療法士、作業療法士新人研修会が開催されPT、OT、ST合わせて約100名が参加されました。

 午前中は国立病院理学療法士・作業療法士協議会関東信越部会の組織、活動に関しての説明、また専門職からの伝達事項等がありました。

 午後からは国立病院作業療法士協議会関東信越部会会長の大島真弓先生より、キャリアデザインに関してご講義頂きました。講義内には入職後5年目、10年目、15年目等各世代の先輩方のキャリアデザインに関するお話や、ワールドカフェというグループワークも行われ会場は熱気に包まれました。

 終了後は同所にて懇親会が開かれ新職員、また他施設間にて交流が図られました。


第3回関東信越部会実技研修会が開催されました

第3回国立理学療法士協議会関東信越部会実技研修を終えて


甲府病院 朝日 達也
  


 平成27年2月7日(土)国立病院機構まつもと医療センター中信松本病院にてNMD・SMIDの呼吸評価と呼吸理学療法の実技研修修会を開催しました。2月の寒冷地での実技研修にもかかわらず多くのNHOスタッフが参加され盛況な研修となりました。講師に昭和大学大学院保健医療学研究科呼吸ケア領域の宮川哲夫先生をお迎えし、呼吸に関する基本的知識、最新の知見を聴講し、聴診の基礎、呼吸介助の実技研修を行いました。宮川先生は箱根病院に二カ月に一度位のペースで臨床を行いに来院されており、神経難病や重心患者の呼吸ケアにも経験が深く、参加者からの多くの質問に治療の解釈と実践的な実技でお答えになられているのが印象的で勉強になりました。開催地であるまつもと医療センター中信松本病院はJR松本駅からバスにて約30分と距離があり、真冬の研修会開催地としては受講しづらい面もあったかと思います。今回、東埼玉病院スタッフのように一台の車で乗り合って受講される方も多くいらっしゃいました。小旅行的な気分で参加され同職場での交流に役立てた一面はありますが、車での参加者が多かったため懇親会参加者は少なくなり懇親会を開催できなかったことは残念に思います。開催時期、場所、研修内容など再度検討を重ねる時期に来ているかと感じております。これからも会員の皆様が交流、勉強できるような実技研修を企画できればと思っております。ご意見、ご質問があれば下記メールまでお聞かせください。次回以降の参考にさせて頂きます。今回も各方面からの多くのご協力、特に開催地であるまつもと医療センタースタッフの皆様には事前の会場準備から片付けまでご協力いただき有難うございました。


 甲府病院 リハビリテーション科 理学療法士長 朝日
 asahi-t@nhokoufu.hosp.go.jp


ふでばこの忘れ物がありました。


こころあたりのある方は上記の朝日先生までよろしくお願いします。今年度中は預かっておくとのことです。

第5回 国立病院リハビリの会in千葉が開催されました

平成27年2月14日(土)に下志津病院において4回目となる重症心身障害児(者)研修を開催しました。


全4回を予定していたこの研修会も最終回ということで実際の症例の治療場面を撮影した動画を使用しての講義、それに基づいた実技を中心に行いました。

今までの内容を踏まえた形にしていただき、講師の先生の考えをより深く理解することができたのではないかと思います。

アンケートでも「重心領域のこのような研修は少ないので勉強になった」「実際の治療場面を見ることができ参考になった」などの声をいただくことができました。


実際の症例の治療場面を撮影することであったり、当日の会場設営であったりと下志津病院の方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。


何よりも思いがけず4回シリーズで講師をしていただいた船橋二和病院の村木先生に感謝申し上げたいと思います。

今後も何らかの形でつながりを持てればと思います。


千葉医療センター 松本了



第2回NHOリハビリ交流会in埼玉が開催されました

 来る12月12日(金)に、浦和で埼玉病院 西埼玉病院 東埼玉病院の3施設があつまり交流会をおこないました。

 今回は前回参加できなかった埼玉病院も駆けつけてくださり、忘年会シーズンの中、多くの参加者が集い楽しい交流会ができました。本当に感謝いたします。

 西埼玉の方は、名札を持参してくださりさすがと言う言葉が似合う対応でした。今後は見習っていきたいと強く思いました。次回はじゃんけん一本勝負の結果、埼玉病院が幹事となり来年の夏頃に第三回を行う予定になりました。
ご多忙かと思いますが、今後もこのような会が継続し開催できたらなと思います。

今回も本当にありがとうございました!
今後ともよろしくお願い致します!

 東埼玉病院  増渕

国立病院 理学療法士協議会総会、               懇親会が開催されました。

 平成26年11月14日(金)国立病院総合医学会開催中のパシフィコ横浜近くにあるナビオス横浜にて、国立病院機構理学療法士協議会総会が開催され様々な議案に関して決議がなされました。

 その後、国立病院機構作業療法士協議会と合同の懇親会が開催され、会員の方々が、グループ、職種を超えて交流を図る様子がみられました。

第四回 国立病院リハビリの会in千葉が開催されました

 平成26年11月1日(土)に千葉東病院において過去2回同様に船橋二和病院理学療法士の村木正昭先生をお招きし重症心身障害児(者)研修を開催しました。

 全4回を予定している研修の3回目となる今回は、参加者を今までの研修に参加して頂いた方に限らせていただいたこともあり今までの内容をより深く理解することのできる内容となりました。

 実際の症例の動画をもとに評価のポイントやアプローチをわかりやすく先生の経験も踏まえて講義していただきました。また実技研修では今までよりも長めに時間をとらせていただきじっくり練習することができました。

 今回も千葉県のみならず様々な施設から40名ちかくの参加をいただき、重心のリハビリに対する皆様の熱意を感じることができました。また、会場の千葉東病院の方々には開催にあたってご協力いただき、本当にありがとうございました。

 残り1回となったこの研修ですが、次回も参加される方の期待に答えられるような内容にしたいと思っています。

                       千葉医療センター 松本了

総会・研修会が開催されました

 PTOT合同研修会が9月13日(土)に開催されました。会場が代々木から精神神経センター武蔵病院に急遽変更となりましたが、大きなトラブルもなくたくさんの方に参加して頂きました。

 当日使用した資料は研修会資料(要パスワード)にアップロードしてあります。

 

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索